2009年05月10日

Windows7RC

MacbookのVMware FusionにWindows7RCをインストール。

Windows7自体はβ版から使っているが、感触としては悪くない。
インストール手順は至って簡単。

Fusionで新規作成でインストールディスクはMicrosoftからダウンロードしたisoファイルを選択。マシン(ゲストOS)はVista用を選択。物理メモリが4GBあるので、VMに2GB設定。推奨環境は1GB以上となっているけれども、Vistaの評判から考えても2GB程度は設定した方がよかろう。
後はウィザードに従って進めるだけ。ライセンスキーも事前に入力しておくことで、インストール上は放置しておいてもセットアップは完了する。
互換性を確保するためのVMtoolも自動的にインストールされるので、簡単だ。

セットアップが完了した所でソフトのインストールをしてみる。
 まず必須になるのがウィルス対策。
BootcampにインストールしているXPではAvast!を使用しているが、7βの際にいくつかの問題が報告されていたので、動作確認されているAVGを選択。
ウィルス対策がフリーで出来るって良い時代になったなぁ。
これでセキュリティセンターもオールクリア。念のためフルスキャンを実行。一気にCPU使用率が上がりファンが回転するが特に問題はない。

続いてfirefox、Thunderbird、Openoffice、+Lhacaをインストール。全くエラーもなくインストール出来ている。

ブラウザ周りではAdobeFlashPlayerで引っかかる。IE8でもfirefoxでもインストーラーがダウンロードできない。
情報によれば、XPやVistaでインストーラーをダウンロードし、コピーしてやればインストールは可能で動作にも問題はないらしい。これは後ほど試してみる。

この程度のソフトがあれば最低限の使用には耐えるのだが、もう少し色々と入れて試してみようとは思っている。

所感としてはVMということもあってグラフィックインタフェースが無効になっている分、XP並に軽快。悪くない感じ。

ほんま、Vistaっていらないなぁ。
posted by えすえすけー at 00:32
| Comment(0) | TrackBack(0) | 四角いりんご
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。