2010年08月29日

通信回線を用意してみた

恒例の816&帰省の際にモバイル回線としてTry WiMAXを用意してみた。
実家の屋内では電波が弱く使えなかったものの、屋外ではかなり快適なスピード。その後、出張にも持って行ってみたのだが、そこはエリア外で使えないなんてこともあったりしたけど、地方都市では仕方ないか。

レンタル期間が終わって返却に行った時に、試用なので当然ながら感想を聞かれて色々と話しているうちにまんまと買ってしまった。というのも、本体が今月中(8月31日まで)ならキャンペーンですごく安い。
通常、USBタイプで12,800円、モバイルルーターで19,800円のところが、USBタイプなら800円、モバイルルーターでも4,800円で買えてしまうというのだ。
 実際の支払いを見ると、モバイルルーターの場合で言えば、契約手数料が2,835円、本体が4,800円、月額使用料が3,780円(8月中は日割り計算)、更にWi-Fi機器との同時購入で2,000円引きというキャンペーンで1,480円の無線LANアダプタを購入することで差し引き520円引き。実負担10.895円で回線契約と機器がおまけ付きで手に入るのだ。本体の通常価格よりも安い。

そんな甘い誘いに乗ったのにはもう一つ、理由がある。WiMAXの契約形態だ。初期1ヶ月はキャンペーンの都合上、月額契約になるが、1ヶ月を過ぎれば解約フリーなのだ。1ヶ月以内の契約解除の場合、2,100円の契約解除料が発生。

契約解除後の再契約の場合、月額4,480円になるけれども、それ以外に1日(24時間)600円の契約があるのだ。たまーにしか使わない自分の場合、月に8日以下の使用なら1day契約をこまめにした方が安上がり。使わない時は完全塩漬けで問題なし。
最近、レースを見に行って車中泊する時などはこの契約方式は非常にありがたい。Softbankが人口密集イベントでは使えなくなるということに対する予備回線にも出来るからね。そのためにUSBタイプではなく、モバイルルータータイプを採用してiPhoneからも使えるようにしてみた。

uroad-7000_s.jpg
URoad-7000 K/W

使い方には非常にフィットする機器だけれども、いくつかの難点が有る。
1.WiMAXとWi-Fiのデュアルバンド機器なので干渉によると思われる速度低下。USBタイプに比べるとスループットが落ちるみたい。
2.バッテリーの持ち時間。公称3.5時間は屋外イベントで1日フルに使うには短い。USB給電が可能なのでUSB出力のあるエネループ等を使用すれば問題ないけれども、せっかくのコンパクトな機器がかさばってしまう。

とりあえず速度については自宅で実測してみた。
(測定端末:Macbook)
回線下り上り
WiMAX
URoad-7000
688.367kbps732.94kbps
Softbank
NokiaN82+JoikuSpot
436.787kbps304.59kbps
FletsADSL52M
+IEEE802.11n
11.663Mbps1.05Mbps

一番下は参考として桁が違うからね。
WiMAX、上りの方が速いってどういうことだ。
Joikuよりは速いな。やっぱり。狙い通り。

これは屋内スコアなので、もう少し屋外でも試して行きたいね。
posted by えすえすけー at 13:18
| Comment(0) | TrackBack(0) | ネットとか通信業界とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。