2010年10月10日

[Nokia N82]外装交換した

携帯電話としてはメインで使っているNokiaN82の外装がボロボロになってきた。Nokiaが日本市場から撤退した今、最後の端末ということで大事に使って行きたいので外装交換を思い立った。
Nokiaのパーツ販売では有名なMOUMANTAIで外装セットを注文。
香港からの発送なのでなんだかんだで手元に届くまで2週間ほどかかったかな。
で、届いたのがこれ。
IMG_0629.JPG

部品を見ただけで、ハードルの高さを感じる。
  
でも分解作業は大好きなので、いじり始める。
参考にしたのはこのサイトで紹介されているこのファイル

基本的には嵌め込みなので、昔iPod用バッテリーを買った時におまけで付いていたこじ開け工具を活用する。マイナスドライバーなんか使うと部品に傷が入るからね。

で、表の部品を外した状態がこれ。
IMG_0630.jpg

分解作業的にはここまでくればほぼ完了、ってレベル。
なのだが、ここでトルクスドライバーT-6が必要なことに気付く。
Macの分解用でT-8は持っていたのだが、T-6はない。
なので大急ぎでホームセンターに買い出し。

無事、入手して作業再開。

作業上の注意点は、両面テープ止めされているキーボードとLCD。
キーボードの方は交換用外装に含まれているので、最悪は壊しても構わないんだが、LCDの方はやっかい。LCDパネルの裏側に嵌め込みの保護カバーが付いていて、どこを外せば(はがせば)いいのか判らないので余計に注意が必要。
実際、うっかり金具との隙間を外してしまった。

部品が全部外せればあとは交換用カバーにはめ込んで行って組み立てるだけ。

バッテリーを入れる部分にあるシールは個体識別シールなので、剥がして貼り直す必要がある。力づくで剥がそうとすると、粘着質が残ってシール自体も破損してしまうので、ドライヤーで暖めてやるとキレイに剥がれる。

という感じで組み直して動作チェック。問題なく起動したのだが、カメラカバーを開いても、カメラが起動しない。ということでばらし直しー。

・・・トラブル発生。

ちょっと慣れてきて、雑に作業してしまったんだろうか。
電源を入れても画面が出ない。接続コネクタをチェックしても以上はないし。

よく見ると、LCDの隅が黒く濁っている。LCD壊した。
薄いパネルなので、力の掛け方を間違うとあっさり壊しちゃうのね。
大急ぎでMOUMANTAIに交換用LCDを注文。
大急ぎなので別料金を払って短期間で届くコースで。
注文から4日程で届いた。

その間は前機種のN73で代用。
久しぶりに使うとメールを送るのもサクサクで軽いなぁ。
しかし画面の解像度が低くて物足りない。
更に今日になって、画面がフリーズして、再起動したら立ち上がらなくなった・・・

N82の修理を急がねばということで改めて組み立て。表カバーは外した状態で置いておいたので、とりあえずLCDを接続して電源を入れて動作チェック。問題なく起動。やはりLCDの故障だったみたい。
今度は慎重に固定して、カバーも嵌めて完成。
IMG_0636.jpg
キーボードの表示が中国語になってもうた。

そう、MOUMANTAIさんで売っている外装カバーセットは中国語モデルなんっす。
まぁそれはそれで面白いかなと。

気に入らなければMOUMANTAIオリジナル日本語キーボードカバーを買うも良し

組み立て後は動作も快調。失敗のきっかけになったレンズカバーの動作も問題なし。MOUMANTAI。

ということで、まだしばらくは使い込むぜー。


<今回の作業費>
・純正交換フルセット ブラック 6,900円(送料無料)
・純正補習用LCD        4,500円(送料1,500円)
             小計 12,900円
・トルクスレンチセット     1,280円
・こじ開け工具           0円
             合計 14,180円
posted by えすえすけー at 17:28
| Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia N82
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。