2008年05月02日

自分のではないMac

3年前に実家に送り込んだiMacが壊れたらしい。

製品発売は2000年なので、壊れるのもやむなしか。
Cubeは同じ年に発売されたけど、いろいろと手を入れているので壊れる気配はない。うむ。健全である。もうちょっと使ってやりなさい>俺。

とりあえずiMacの症状を聞いてみると、
・電源ボタンを押すと、電源ランプ(緑)は点灯するが、画面は出ない。
・ハードディスクが回っている気配もない
・ケーブル類を全部挿しなおしてみたが、状態は変わらず。
だそうな。
 
見た目上、起動しないという場合はディスプレイの故障が考えられる。ハードディスクの故障の場合は、画面は表示されて「?」フォルダマークが出るはずだから。

しかし、画面が出ていないだけでなく、ハードディスクも回っていない(8年も前のマシンやと、確実にキュイーン・カラカラとハードディスクが回転する音が聞こえるハズ)となると、全然別の部位の故障が考えられる。

iMacの故障で有名なのはフライバックトランスの故障。
しかしこれはあくまでもディスプレイが映らない場合の問題で、今回のようにハードディスクの動作まで疑われる場合は別のトラブルと考えられる。

さらに情報を集めてみると、電源ICの故障事例が多く見られる。
<参考>
iMac DV 修理日記
iMac DV日記 (その1)
なるほど、サージか。
可能性としては0ではないかもしれない。サージかどうかは別として、この箇所の故障の可能性は極めて高い。

もうちょっと簡単な理由として、内蔵電池の寿命、なんてことも考えられる。
確かに交換はしていないし、消耗しているかもしれない。でも直前まで動作していたというので、この可能性も薄い。

ということで、被疑箇所はたくさんあって、そこまで調べるかどうかってのもあるのが実情。
うちのCubeみたいに思い入れのある機体でもないし、そもそも修理に予算はかけたくない。なにしろ今から中古で買うと5,000円もしない機体だ。ちなみに某・軟地図では下取り価格400円。運送費も出ませぬ。

ということで、またもや新規購入を検討・・・。もちろん中古で。

しかしだ、そこそこ使い物になるMacの中古って値段が下がらんのだよね。
特にフラットディスプレイのiMac(not大福)。OS9が動作可能なモデルと言うこともあって、中古市場でも人気があるのだろう。10万以上の値が付いている。
そこまで出すぐらいなら新品買うわ。

そもそも今回は全然、予算がないのでもっと旧型のモデルを探すことになる。
候補は大福iMacかeMacあたり。それでも予算オーバーなんだよなぁ。

ねぇねぇ、大福を使ってる人たち。おいらに売り飛ばす気はないっすか?
2〜3万ぐらいでw
タグ:iMac
posted by えすえすけー at 13:11
| Comment(0) | TrackBack(0) | 四角いりんご
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。